工法の特徴

CP型枠7大特長

POINT
01
垂直施工可能
CP型枠擁壁は、垂直施工ができる国土交通大臣の認定を得た「CP 型枠」コンクリートブロックを用いる鉄筋コンクリート造擁壁です。貴重な土地を有効に活用できます。
POINT
02
工期が大幅短縮
上下、左右とも対称形で、そのうえ軽量。組積み作業が効率よくできます。しかもコンクリート打設の仮枠、外装仕上げの工程など、殆ど不要なため、従来工法に比べ、工期を大幅に短縮できます。
POINT
03
合理的なコストダウン
仮枠や、それに関連した仮設機材は殆ど不要です。基本的に費用の必要なところにはきちんとかけ、ムダな部分はカット。合理的なコストのかけ方で、工期の短縮とあわせて、コストダウンを図れます。
POINT
04
エクステリアとしても映えるデザイン
シンプルなデザイン、洗練された表面化工、多彩な色調など、そのままで周囲の環境とマッチしたエクステリアとして十分機能します。
POINT
05
スムーズな簡単施工
CP 型枠特有な形状により、コンクリートの充填が確実に行えます。また施工中のブリージング水をCP 型枠自体が適度に吸収するのでCP 型枠と充填コンクリートの一体性が十分保証されます。
POINT
06
時代に応える高い耐震性
配筋の自由度が大きく、打ち込まれたコンクリートが均質で密実かつ連続性がよいなど優れた部材です。擁壁に求められている高耐震性を実現。千葉県沖地震を始め全国各地の地震に際し、その耐震性が実証されています。
POINT
07
中性化をセーブして超寿命
コンクリートの均質性を保つ構造のため、伸縮、腐食、風化の原因となるコンクリートの中性化を抑える効果があります。長年にわたって安心できるすぐれた耐久性を発揮します。(試験結果より)